~ キハダの椅子 ~
2016/11/29(Tue)

もう11月も終わり
秋から一気に冬へ 乾いた風の吹く日が多くなりました



キハダは笠木と座板 桜で脚などをつくり組立の日です
座面を彫り 回りに丸みを付けてから脚を組みます
ここまでスツールと同じ手順です
次は背もたれの組立 角度が大切
それと丸ホゾのきつさ加減が難しいところ

20161129153137b8f.jpg
トップの笠木を付けます
大きさのバランスや背中のあたりも確認しながら

20161129153123daf.jpg
オイルを塗って完成です

キハダにはなんだか温かさを感じます
木の模様や適度の柔らかさがそう感じさせるのでしょうね
スポンサーサイト
この記事のURL | チェア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ ミズナラのテーブルつくってます ~
2016/11/25(Fri)

20161125203251b84.jpg 201611252033497d1.jpg
多いところで7ミリくらいは削り取りになりますね まず回りから進めます

2016112520315939d.jpg 201611252031406ac.jpg
幅1メートルのテーブル天板は2枚の幅はぎです

20161125204257efe.jpg
作業台が見えない大きさです 回りの形成はこのようにバイスを使います


裏 表の順番に鉋がけをすませるとミズナラの色艶がきれいです

2016112520311025e.jpg
製材所にて脚用の材料を調達しました

20161125194215e9b.jpg
工場は天板の作業中なので 脚組みは展示スペースで
夕方に組んで明日までクランプに任せます
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ ほぞの切り分け ~
2016/11/17(Thu)

スーパームーンご覧になりましたか?

工房では当日曇り
月は全く見えず 翌日になってから見ました
言われてみればちょっと大きいようなぁー

いまテーブルの脚加工中です

20161117074829e7c.jpg
縦 横などに(少し残しながら)切り込んでいって
全ての箇所が終わったら パリパリはがしていきます

20161117074754e3f.jpg
まだまだ先の長い工程です
四角っぽさを無くさないと....
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ ブナとアイアンのハンガーラック ~
2016/11/10(Thu)

昨日の天気(強風とみぞれ)と変わって 寒さも和らいだ一日
またまた休み返上で 製作に励みました

201611101640106e4.jpg
ちょっとひっかかりをつけたりして

少しずつ アイアンを取り入れていきたいです
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 重なる子供の椅子 ~
2016/11/08(Tue)

スタッキング(積み重ね)できる子供用の椅子の試作です

20161108172831f8b.jpg
耐久性を考え ホゾ組みとビス止めを合わせた作りです
明日 依頼主に出荷します
いろいろなご意見を伺えると良いと思っています


夕方 材料が入荷しました
岩手産ミズナラ(丸太一本分)
なかなか見つからない材でず
2016110817213866c.jpg
結構育ちの良かった木のよう

手強い相手を増やしてしまいました
この記事のURL | チェア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ うさぎの小椅子 ~
2016/11/06(Sun)

風の強い一日となりました
ニュースではもう冬の到来を思わせるように
北海道など降雪を知らせています

20161106184402e8b.jpg
だから 今日も快調に燃えています
この温かさ無しではいられません

20161106183516b3d.jpg
常に工房に展示しておきたい椅子の一つです
後ろのリボンがポイントの子供用の椅子
今日2脚完成しました
○○○ちゃんのお気に入りになることでしょう
この記事のURL | チェア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 工房休日のご褒美 ~
2016/11/03(Thu)

久し振りに一日休業です

秋も深まり 晴れても気温が上がらい
ハイエースを走らせながら ミラーを見ると鮮やかな虹
特に下の虹 51年の人生でも一番!
実際は写真写りよりもっと綺麗でした
伝わるかなー
肉眼よりもはっきり写った上の虹 不思議です
ホント 得をしたお休みの日


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ レイアウト替え ~
2016/11/01(Tue)


時折太陽が顔をみせるものの
寒い一日でした



狭い工房内は工夫が必要です
基本的にはキャスターが付いていて移動できます

いままで半年間ほどスクローラー(糸鋸機)を軒下に出していました
依頼の仕事もあって中に入れることに
スクローラーはキャスター付では無いため一苦労
写真の左手に配置しました
時計回りに 角ノミ機 ボール盤 バンドソー ユニバーサルサンダー
中央に作業台
手前に 昇降盤
その他に 万能機 スポンジサンダー 面取り機 コンプレッサー 集塵機があり
そこに 私
あー せまっ!

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |