~ さくらのアームベンチ 完成! ~
2015/11/30(Mon)
毎日寒さが増してきていますね
体調管理気をつけなくては


ようやく仕上がったベンチ
座板は どこにも乾燥による木口割れのないきれいな板
その為いつもポイントも兼ねて 契り(ツツミ型にかたどった木材)を
埋め込んでいましたが今回は必要なくなりました
そのかわり依頼者のご希望により 肘掛けに
少し盛り上がった感じに仕上げました

また一台 嫁いでいきます
スポンサーサイト
この記事のURL | チェア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ しばらくぶりに制作 ~
2015/11/25(Wed)
こんばんは

今日は寒くなりましたね~
雨も夕方から雪になり もう冬なんですね


わが工房にアームベンチがなくなって 数か月が経ちました
今回作ったのは お待たせしてしまったオーダー品です
背もたれは特別の角度 全体の大きさも板を見ていただいてからの製作です
今日は 組みあがってからは初確認
緊張しましたが良かったです OKでした

DSC_1639_convert_20151125212149.jpg
肘掛けはまだ仮に乗せただけです
もう少しで出来上がります 今後失敗のないよう慎重に進めます
この記事のURL | チェア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 園庭の遊具 おひろめ式 ~
2015/11/24(Tue)

今日は おひろめ式
こどもたちの手でシートが取り払われました

DSC_1626_convert_20151124195910.jpg
さっそく遊んでもらいました

DSC_1636_convert_20151124195938.jpg
丸太渡りも楽しそうです

DSC_1617_convert_20151124195757.jpg
「この木は栗の木なんだってー」と 説明していただきました 

DSC_1621_convert_20151124195837.jpg
こどもたちの笑顔がいっぱで うれしいおひろめ式でした
この記事のURL | 遊具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 園庭の遊具工事スタート 6日目~
2015/11/23(Mon)

昨日に引き続き丸太の埋め込み作業
子供たちの一歩一歩を想像しながら決めていきました

DSC_1598_convert_20151123064709.jpg
ついに丸太の配置が終了
自然の木の形がつり橋の前後にも追加されました

DSC_1562_convert_20151123064419.jpg  DSC_1566_convert_20151123064458.jpg
残すところペーパーがけ
最後は手で 確認しながら仕上げました

DSC_1575_convert_20151123064531.jpg  DSC_1578_convert_20151123064602.jpg
出来上がった”なのはな保育園オリジナル 栗のつり橋
砂場からすべり台の遊具まで 元気な遊びの動線がつながりました

DSC_1584_convert_20151123064632.jpg
子供たちからはこんな感じで見えるのでは

DSC_1600_convert_20151123064742.jpg
祝日明けの24日まで 一旦封印です

この記事のURL | 遊具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 園庭の遊具工事スタート 5日目~
2015/11/21(Sat)

理事長先生に子供たちのために仕上がり具合を確認していただきました

DSC_1528_convert_20151121213035.jpg
童心に帰ったかのような笑みの理事長先生と園長先生
作り手の私としては  「よかったー」と うれしいひとときでした

Screenshot_2015-11-21-17-04-03_convert_20151121213310.png  DSC_1535_convert_20151121213215.jpg
つり橋に入る前にもちょっと丸太の仕掛けを・・・
園長先生からアドバイスをいただいて そのイメージで丸太を配置
ひとつづつ埋め込みます
ちょっと残ってしまったので明日の楽しみにしました
この記事のURL | 遊具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 園庭の遊具工事スタート 4日目~
2015/11/20(Fri)
今日の天気予報は少しハズレましたね
作業には影響がなく 予定通り進みました

 DSC_1479_convert_20151120195026.jpg
いよいよロープを通します
今まで2体平行の構造物が立っていただけだったので 子供たちからは「何になるの~」
と聞かれていました 今日でもっと楽しみに見てくれるかなって思います
全部で12枚の板を縫っていきます

DSC_1480_convert_20151120195105.jpg   DSC_1482_convert_20151120195133.jpg
順調に進んできました それにしても栗は重い!
あと4枚通せば  です

DSC_1488_convert_20151120195214.jpg  DSC_1515_convert_20151120195324.jpg
仕上げに一枚いちまいのバランス(高さの変化とその流れ)の調整
縫っているロープを引っ張ったり戻したり 
園長先生に実際に歩いてもらい 子供たちの目線になってのお話しは貴重でした
他の遊具との関連性や 遊びの動線 ロープならではの感触など


Screenshot_2015-11-20-18-16-00_convert_20151120200914.png   Screenshot_2015-11-20-18-17-46_convert_20151120200942.png
板の裏に又釘を打ち込みます 
それぞれの板の間隔を固定するためです 下から上への玄能はときどき空振り

Screenshot_2015-11-20-18-18-36_convert_20151120201014.png
ロープ止めの穴を支柱にあけます 
ここに通して結び目を作れば終わります  の

はずが 明日に続きます

この記事のURL | 遊具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 園庭の遊具工事スタート 3日目~
2015/11/18(Wed)
夜中に雨が降ったようで 木材がしっとりしていました
でも午前中は何とかできそうな予報


昨日のうちに手掛けたところを仕上げ作業
穴あけ作業でできたバリを取る 
子供たちの手を木のトゲで傷つけないよう

DSC_1458_convert_20151118185145.jpg
つり橋の渡り板
ロープを通した際 ずれないように又釘を打ち付けます
地面との隙間での作業になるので 姿勢もつらいし力も入りません
そのためあらかじめ下穴をあけておきます(去年の施工で学習しました)

DSC_1463_convert_20151118185226.jpg  DSC_1469_convert_20151118185351.jpg
丸太なのでいろいろな形です
枝の切り落としされたところは手に引っ掛かりがないように
サンダーで仕上げました
要所の面取りも済ませました
雨上がりの木材は繊維が柔らかく削りやすい 半面ケバ立ちもあります
すっきりした晴天の日にはペーパーがけが必要ですね
最終日には全体を手仕上げです

DSC_1467_convert_20151118185255.jpg  DSC_1473_convert_20151118185417.jpg
つり橋の前後に埋め込む丸太(飛び石のように)
チェーンソーの木口の跡を少しなめらかにします
周りの面取りもサッと(大きく取らないよう気を付けました)
滑り落ちることが気になったからです

残りの作業はロープ通しと丸太の埋め込みです
この記事のURL | 遊具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 園庭の遊具工事スタート 2日目~
2015/11/17(Tue)
今日はあいにくの曇り空

朝カーテンを開けたら地面が濡れていて 雨?!って がっかりしましたが
よーく見たら降ってない! 曇りでよかったー
がんばるぞー


午前一番に製材所から届けてもらった4メートルの栗(太鼓挽き)
園庭に運び皮むきからスタート すぐに体はぽっかぽか
むき終えたら支柱のてっぺんに渡し しっかり固定します

DSC_1440_convert_20151117193552.jpg
つり橋の板をまずは上に載せて間隔をイメージ
次にロープを通す穴をあけます

DSC_1447_convert_20151117193745.jpg
支柱や上に渡した部材の 皮を剥いだままの表面をきれいに仕上げます
そして本体の姿が見えてきました

4メートルの栗は 重かったー!
それでもそれを忘れるくらい 形が出来てくるのが楽しいです

DSC_1449_convert_20151117193816.jpg
日も短くもなり 曇りということもあって 
なのはな保育園さんの明かりのついたこの雰囲気
いいですよねー 疲れも忘れてなんだかホッとします




この記事のURL | 遊具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 園庭の遊具工事スタート ~
2015/11/17(Tue)
秋の天候もこのところ不安定でしたので 
工房に入って来た栗の丸太の出番です


すっかり天気が回復し 昨日より保育園入り

DSC_1407_convert_20151117060831.jpg
園庭に入ってみるとこの気持ちよさ

DSC_1401_convert_20151117060703.jpg
設置場所を囲って資材も入れて 深さ約1メートルの穴掘り開始 

DSC_1411_convert_20151117060745.jpg
深くなってくると この道具で土を取り出します

DSC_1413_convert_20151117060910.jpg
助っ人の登場
丸太の周りにセメント投入 ガーデンが本業の森の風さんにお願いしました

DSC_1414_convert_20151117060936.jpg
砂 セメント 砂利 水と その混ぜ具合を見極める
森の風スタッフの健くん

DSC_1418_convert_20151117061007.jpg
丸太の垂直を見ながら投入

DSC_1434_convert_20151117061053.jpg
明日まで固まるのを待ちます

DSC_1436_convert_20151117061134.jpg
支柱4本が立ちました
この記事のURL | 遊具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 改造 ~
2015/11/12(Thu)

お気に入りのハンドプレーナー(マキタ1900)
持った感じが軽さもあり使い勝手最高です
これは2代目と3代目

アルミベースを加工 ヘッド部を反り台にして
全長も短くしてみました
メーカーが販売している正規にはかないませんが
自分なりには満足しています

平らに削るばかりでないので この一台が加工の幅を
広げてくれました(例えばベンチの背もたれや座彫り)

初代は箱に保管されていて 万一の部品取りに控えています

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 栗の原木 ~
2015/11/12(Thu)

丸太ごとの入荷はめったにありません
今年も こども園に丸太のつり橋を設置します
そのための準備として現場搬入前に
済ませておかなくては・・・

DSC_1373_convert_20151112070411.jpg
気温がなかなか上がらない季節
丘高い工房では風があるとさらに寒くなります
皮むき作業はうってつけ 体もあったまり
もくもくと進みます
今日は4本終了!

早くも筋肉痛が・・・
この記事のURL | 原木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 新たな戦力 ~
2015/11/12(Thu)

このたび 夢がかなって車を乗り替えました

今後の搬入も今までとは 大違いです
写真左 これから作りはじめる2メートルの
ダイニングテーブルも納品楽勝です
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 子供たちに寄贈 ~
2015/11/12(Thu)

赤松集成材でついたてを作り こども園へ寄贈しました

搬入時 職員の方の手を借り助かりました
ありがとうございました
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 丸太椅子 ~
2015/11/06(Fri)

本日も快晴

毎日が小春日和!

久しぶりに丸太の椅子  兼  台  兼 ・・・・・
杉材を玉切りし 樹皮をむいて仕上がり
軒先に置いてゆっくり座るんだとか・・・
この陽気にピッタリの注文でした
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 秋晴れの製材 ~
2015/11/05(Thu)

きのうの朝 製材所に向かう 
最近一週間の寒さが嘘のように 雲一つない空 澄んだ青空

最高の製材日和

21年(6年前)に大きく挽き割って 乾燥も進み
木の力を大まかに取り除かれた山桜 長さ3メートル
角材や板材にして テーブルの脚材や椅子に使用します
DSC_1333_convert_20151105075804.jpg
お世話になっている製材所の社長と次期社長
いつも私の面倒な要望に真剣に付き合っていただいています
今回も 「こっちか?反対の面も見てみっかー」と
材料を機械の上でぐるぐる回転
DSC_1336_convert_20151105075857.jpg  DSC_1341_convert_20151105075930.jpg
このように立派な製品に生まれ変わりました
ここまでになると 工房での加工が容易になります


DSC_1331_convert_20151105080026.jpg
次は 4メートルのこれも山桜
DSC_1340_convert_20151105080123.jpg
リフトで製材機へ
DSC_1345_convert_20151105080452.jpg
午前中に製材を終え 午後工房へ運び入れていただきました
何かと雑仕事も済ませながら材料置き場へ収納し
気が付けば夕焼けが終わりそう
もう少し早く空を見ていたら もっと見ごたえがあったはず
ざんねん 



この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |