~ オニグルミのテーブル 天板づくり ~
2018/04/12(Thu)


散りはじめた桜
あっという間の季節


そんな日々に急かされながら作業を進めています



790 × 1400 2枚接ぎ合わせのクルミの天板
少し板が割れているところにカリンで契りを準備し

今日の休日出勤はここまで
あとは 落ち着いて明日に
スポンサーサイト
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 契りの切り出し 杉のテーブル ~
2018/04/11(Wed)

ほぞ取りで切り出します
同じサイズでいくつも作れますね

20180411084929694.jpg
黒檀でそろえて
依頼どおりに埋め込みです

20180411182202ea7.jpg
各脚に2つの契りと木栓組みのまとまり

ダイナミックな脚だー!
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ なにやら部材が大きいです ~
2018/04/08(Sun)



このところの冷え込みがこたえます

朝 みぞれが降っていました 満開の桜も長持ちかな?
体調気を付けなくては



なんか大げさですが
「命がけ~」と
言いながら 回転したノコ歯をけっこうむき出しにして
ケガなどしないよう慎重に・・・・

20180408193358f9b.jpg
建物の一部を作るかのような 大きなサイズの杉の角材

屋久杉のテーブルの 脚の部品


ほんと 命がけの怖~い加工が・・・

この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 桜の小ぶりなローテーブル ~
2018/04/06(Fri)


桜満開の今日


工房でも 桜でテーブルづくり



500×500×300

手仕事されるお客様からの依頼でした。
堅くてしっかりした台が欲しいとのことでしたので
桜材でトップもなめらかに
小さくてもみっちりした仕上がり感のある
小ぶりなテーブルが完成しました



この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 屋久杉と秋田杉 ~
2018/03/19(Mon)

3メートル超の屋久杉 と 秋田杉

20180319075835b3d.jpg
屋久杉の反りは8ミリ位あり 両面あら取りで16ミリ削り落とすことに
幅90センチは越えた板なので反りは大きくはないかなと思います

20180319075836ac6.jpg
1800にカットして天板加工
右半分削ってみたところ
思った以上に濃い色
サクサク削れるのでプレーナーは滑らかに動いてくれてます

2018031907583700f.jpg
裏面となる片側全体を荒削り終了

正直 デカイ!
仕上がりが楽しみです
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 栗のテーブルと椅子 ~
2017/12/18(Mon)


風がいっそう寒く感じられるこの頃ですね

今年も2week 風邪に気をつけて頑張らないと...


久しぶりの栗の家具

木目の力強い栗の木は明るくて気持ちも晴れるよう
どこに置いてもしっくりするサイズです
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 古いミシンをリメイク ~
2017/12/15(Fri)

先日の雪も少し溶けてきています

今日は風も無く 過ごしやすい日でしたね



天板用に板をお預かりしました
古いミシンは取り外されていたものの
あちらこちらに剥がれている板を取り去り


20171215171705683.jpg
赤松の天板で生まれ変わりました
飾り台としてご使用に

処分しなくても使い道を探せば ですね!
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 栃の裁ち板 リニューアル完成 ~
2017/11/30(Thu)

はやいもので今日で11月も終わりです

あとひと月で新たな 平成30年がやってきます
昭和から平成に... 気持ちではついこのまえのことのように思い出されます


木目のきれいなテーブルができましたので

20171130183446784.jpg
さっそく納品しました
喜んでいただきました 良かったです

戦後間もない頃からのおはなしを伺いました
裁ち板はご依頼者にとってとても大切なものであることが...
この度 関わらせていただけたこと
とても嬉しいことでした
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 栃の裁ち板 続き ~
2017/11/22(Wed)

寒さが厳しいですね
今朝は氷点下5度
キーンと音がしたような....

薪ストーブが活躍してくれるので
家に居るより快適です



鉋をかけると表面の艶がよくなります

201711221900586e7.jpg
栃の独特な杢
きれいです
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 和裁用の裁ち板のリメイク ~
2017/11/20(Mon)
20171120185804ea9.jpg
裏側 と 板の反りの様子

20171120185807803.jpg 201711201858084fe.jpg
表面は永年の仕事の痕でいっぱいです

20171120185805100.jpg
脚を抜くことから始めます

20171120185810c60.jpg
ハンドプレーナーで表面の平面にしますがかなり
真ん中が盛り上がっています

20171120185813a91.jpg
一ヵ所針らしき金属が入っていました
刃物はあっさり負けました

20171120185814ad5.jpg
荒削りまで終了です
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 桜のカウンター板 ~
2017/10/10(Tue)

最近 スズメバチがちょくちょく出入りする

私には危害を及ばさないけれど
何だか忙しそう

私も見習ってコツコツやらなくては



長さ1700 取り付けが楽しみです


桜はもっと濃く経年変化して風合いが増します





この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 30年間 ご愛用のテーブル ~
2017/10/07(Sat)



もう秋も深まりつつ 雨に射たれた木の葉も
いつにもましてしっとりしています

はやいですね~ 秋は


お預かりのテーブル
全体に塗装の傷みが出ています

この度 甦らせます
20171007192716c25.jpg
プレーナーがけ
結構表面に歪みも出ていますね

20171007192715c91.jpg
活躍してくれる2台の鉋
だいぶ愛用しています
もう刃も短くなってきていますが
楢の堅さや逆目に十分に対応してくれます

20171007192713060.jpg
気持ちよく作業がはかどります

20171007192712e3c.jpg
色づくり

20171007192710b75.jpg
マッサラな天板に色づけ

201710071927096e6.jpg
裏と表の両面を同じ工程
そして下塗りと仕上げ塗装

20171007192951a90.jpg
楢の木らしい色合いと木目が 明るく浮かび上がりました

201710081227561b0.jpg
奥のオーディオが素晴らしいリビング
クラシックを聴きながら....





この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 栗のローテーブル ~
2017/09/30(Sat)


2017093018034674c.jpg 20170930180800655.jpg
天板の接ぎ合わせ部分の仕込み と クランプの当て木(耳の切り落とし利用)

201709301807584be.jpg 20170930180801790.jpg

20170930180347ada.jpg 20170930180348555.jpg
黒檀で契りを入れ込み 裏表の鉋がけ

20170930181146b6f.jpg 20170930181144251.jpg
オイル塗装
木のそのままの表情がきれいに引き立ちます

20170930204328ad7.jpg 20170930204326752.jpg
脚は裾を広げ 少し踏ん張ったデザインにしました











この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 3.45メートルのテーブル ~
2017/08/26(Sat)

「大きかったーー」
その一言に尽きる大きさ 3450×1200
木工17年にして記録的サイズです


この記事のURL | テーブル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
~ やわらかなアカマツ ~
2017/06/20(Tue)

夏日です
青空が眩しい季節

工房の前にある畑では キジが
卵を抱いているのを発見
また今年も飛行訓練がみられるかも
楽しみが一つ出来ました




保育用ちゃぶ台 5台分

20170620153317068.jpg
せっせと組み上げました

アカマツはやわらかな木質であるため
やさしい感じがでます
加工では出せないところです
木はいいですね



この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ コーナーテーブル ~
2017/02/16(Thu)

コーナーテーブルを納品いたしました


天板は△の角を大きく切り落とした6角形

20170216130932cb8.jpg 2017021613131031b.jpg
ホゾは手加工で2枚に 胴付を正確に仕上げます

20170216131232bb0.jpg 20170216131231c79.jpg
きつめに組むよう寸法をとりました 上のあて木に欠き取りをして
パイプクランプで組み上げます
これでがっちりテーブルの脚として機能してくれるはずです
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 本日 納品日 ~
2017/02/07(Tue)

ここ数日 風の強い日が続いています
日が射していても気温が上がらない一日です

K様のお宅は初めてなので 近くなったところで連絡し
寒い風のなか 外まで出て迎えていただきました

テーブル チェア スツール うさぎの小椅子を届けました



磐越西線と畑と柿の木を眺めつつ
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ ミズナラのテーブルつくってます ~
2016/11/25(Fri)

20161125203251b84.jpg 201611252033497d1.jpg
多いところで7ミリくらいは削り取りになりますね まず回りから進めます

2016112520315939d.jpg 201611252031406ac.jpg
幅1メートルのテーブル天板は2枚の幅はぎです

20161125204257efe.jpg
作業台が見えない大きさです 回りの形成はこのようにバイスを使います


裏 表の順番に鉋がけをすませるとミズナラの色艶がきれいです

2016112520311025e.jpg
製材所にて脚用の材料を調達しました

20161125194215e9b.jpg
工場は天板の作業中なので 脚組みは展示スペースで
夕方に組んで明日までクランプに任せます
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ ほぞの切り分け ~
2016/11/17(Thu)

スーパームーンご覧になりましたか?

工房では当日曇り
月は全く見えず 翌日になってから見ました
言われてみればちょっと大きいようなぁー

いまテーブルの脚加工中です

20161117074829e7c.jpg
縦 横などに(少し残しながら)切り込んでいって
全ての箇所が終わったら パリパリはがしていきます

20161117074754e3f.jpg
まだまだ先の長い工程です
四角っぽさを無くさないと....
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ テーブル納品日 ~
2016/10/07(Fri)

秋晴れの今日
明日に予定していた納品日を前倒しです
あしたは雨の予報のため お客様から連絡をいただきました
そうです 一日違いで大きく勝手が変わります
おかげさまで運びいれやすく しかも手までお借りして
ありがたいです。

moblog_c1799980.jpg


椅子もまず一脚
一緒に

この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 栗のダイニングテーブルが完成しました ~
2016/09/28(Wed)

秋の長雨
じめーっとした一日
オイル塗装の乾きもゆっくりです



1メートル50センチ×90センチのテーブル
直線的な全体の仕上がりでいたってシンプル
4人ゆったりの大きさです
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 軽さで勝負? ~
2016/08/09(Tue)

桐のテーブル


高さ違いでの注文です


moblog_b83e0284.jpg moblog_7eeda636.jpg
桐は柔らかく軽いので加工が ー ー ー 大変!
キズをつけないように進めます
面取りは専用の鉋で 気持ちよく切れます


moblog_6a484b92.jpg
鉋仕上げの表面は何かものたりないので うづくりです
暑さの中 少々きつい作業でした
中2本が 済 両側はまだこれから


moblog_0ee030e8.jpg
足元はゆったり使ってほしいので 貫はつけません
しかし桐はホゾ組みが心配 しかも浅い
中でしっかり組んでもらうようにしました


2台つくりました
出来上がりは ホント軽い!!

この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 美容室のテーブル ~
2016/07/26(Tue)
moblog_950474bf.jpg
見せていただいたときのテーブルと リニューアル後

アンティークなテーブルが 一部 ピュア な感じに
時間とともに経年変化を楽しんで下さい

moblog_9eff6ba0.jpg
塗装前の天板
加工途中の写真がなくて いつも反省しています
ブナの板が思った以上に反っていたので
少し板づくりに工夫が....
もう少し厚みを残せたら良かったですね

この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 栗のテーブル用 天板板はぎ ~
2016/07/18(Mon)

やはり夏風邪で不調の一日です


1600 × 900 の板ができました

これから しばらくこのまま置いて

反りなとの動きが出れば直します
様子見です
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 天板の準備 ~
2016/07/17(Sun)


moblog_fc23d2d1.jpg
栗の板 3枚
耳を切って板はぎの前の作業

moblog_64c3d0d0.jpg
板の反りはわかりやすいのですが
ねじれはこのようにして確認するのが一番

moblog_f9b665d6.jpg
左側はほぼ一致していますが
右側は手前の角材が低くなっていますね
これだけねじれていることが判明
moblog_b9fa9fb6.jpg
高いところを削ってそろえます

暑い日に 最高に達成感のある作業でした
この記事のURL | テーブル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ