~ 栃の板 とても個性的です ~
2017/05/31(Wed)

今日で5月が終わります
今後の仕事の為に 材料探しに出掛けました
縁あって巡り会えた 栃 です



スポンサーサイト
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ じょじょに重労働です ~
2017/04/05(Wed)

暑かった今日 気温20度
栗6本を製材してもらいました
今回は薄板が必要でしたので
一寸一分
八分を中心に
その他五分などです

201704051652123a5.jpg
積み込んで工房へ
これから急いで皮ムキです

201704051652146c2.jpg
ちょうどいいケヤキの丸太を利用
板を立てられるように
真ん中を切り取っちゃいます

20170405165215bce.jpg
なるべく仕事しやすくです

でも 歳には勝てませんね
だいぶ疲れが…
動きに勢いがない自分に気付かされました
一日がかり やっと終わったー!

あー 腰が痛い
この記事のURL | 製材 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
~ 木どり材が壁のように ~
2016/12/24(Sat)

クリスマスイブにちょっと残業中

今夜も 近くから ホー ホッホー



ようやく これだけの部材をカット
一本いっぽん 決まった太さ 幅などを整えて
なかなかの数です
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 製材所からの電話 ~
2016/07/24(Sun)
moblog_c8cf40b5.jpg
日曜日の今日 製材所は動いていました
そもそも急ぎの仕事があったのと 私からの注文があって
朝から忙しく段取りをしていたようです

工房でブナのテーブル天板を加工中に電話が
内容は 私のお願いした板にビスが入っていたとのこと
その材料は大きな解体材 挽き割りを依頼していたものでした
充分確認したはずでしたが....
製材所にお詫びをして
問題のビスを抜き取って
本当に申し訳なく 自分の不注意にがっかり

左の写真
製材機がビスを切ったあと のこ刃の跡が
粗くなっています

その後3本統べて製材してくださって
ホントだつたら 普通は製材中止です

製材所さん すみませんでした
そして ありがとうございます
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 製材後の後片付け ~
2016/02/05(Fri)


この前降った雪もようやくとけて 工房に板が到着
クルミを挽いてもらった分の他に製材所にあった桜 キハダを
追加して けっこうてんこ盛りです
なるべく早く樹皮を剥いて桟積みをすませなくてはなりません
手がけている作業もあるので忙しくなってきました


DSC_2028_convert_20160205204335.jpg

木は面白いものです
このように枝が張ったところを挽いてみたら
けっこうダイナミックな板がとれました
このまま乾燥を待って 使えるようになったころ
どちらのお客様のところに どんな物に生まれ変わって引取られていくのか?
今はまだ想像もつきません

この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 縁あって出会ったクルミを製材 ~
2016/01/31(Sun)

年が明けて 今月中旬にクルミの木を確保していました
DSC_1982_convert_20160131194745.jpg
まず最初は素直なものからです

DSC_1987_convert_20160131194838.jpg
挽いてみると結構な板が次々と取れました

DSC_1990_convert_20160131194901.jpg
次はあまりに長いので2メートルに切ってもらいました
チエーンソーのおとが工場に響きます

DSC_1994_convert_20160131194924.jpg
そして製材機の台車へ

DSC_1998_convert_20160131194955.jpg
こうしたY字の板も面白いですね
将来 誰のもとに何になって届くようになるのか・・・
その日のために これからじっくり乾燥させます
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 製材後の最初の仕事 ~
2016/01/16(Sat)
 DSC_1910_convert_20160115200131.jpg
工房に到着した栗と桜の板35枚を
良い材料へと変身させるべく 皮(樹皮)むき作業
これが結構な重労働
唯一のスタッフ(妻)にも頑張ってもらって
何とか半日で終了  良かったよかった
今回の板は 目荒なところではありますが満足です
終わったころには暗くなってしまったので
桟積みは撮れませんでした


この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 丸太椅子 ~
2015/11/06(Fri)

本日も快晴

毎日が小春日和!

久しぶりに丸太の椅子  兼  台  兼 ・・・・・
杉材を玉切りし 樹皮をむいて仕上がり
軒先に置いてゆっくり座るんだとか・・・
この陽気にピッタリの注文でした
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ 秋晴れの製材 ~
2015/11/05(Thu)

きのうの朝 製材所に向かう 
最近一週間の寒さが嘘のように 雲一つない空 澄んだ青空

最高の製材日和

21年(6年前)に大きく挽き割って 乾燥も進み
木の力を大まかに取り除かれた山桜 長さ3メートル
角材や板材にして テーブルの脚材や椅子に使用します
DSC_1333_convert_20151105075804.jpg
お世話になっている製材所の社長と次期社長
いつも私の面倒な要望に真剣に付き合っていただいています
今回も 「こっちか?反対の面も見てみっかー」と
材料を機械の上でぐるぐる回転
DSC_1336_convert_20151105075857.jpg  DSC_1341_convert_20151105075930.jpg
このように立派な製品に生まれ変わりました
ここまでになると 工房での加工が容易になります


DSC_1331_convert_20151105080026.jpg
次は 4メートルのこれも山桜
DSC_1340_convert_20151105080123.jpg
リフトで製材機へ
DSC_1345_convert_20151105080452.jpg
午前中に製材を終え 午後工房へ運び入れていただきました
何かと雑仕事も済ませながら材料置き場へ収納し
気が付けば夕焼けが終わりそう
もう少し早く空を見ていたら もっと見ごたえがあったはず
ざんねん 



この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~危険な端材の扱い~
2015/08/08(Sat)

こんばんは

今日はちょっと過ごしやすい一日でした
朝から細かな作業 その写真です
小さくなった材料(端材)は加工が困難です
しかも作業の進みも悪く ケガの危険度が上がるので
より慎重になります
積み木を作ります できる限りの木の種類を
詰め合わせようと奮闘しています
機械で厚みや幅 高さを揃えるのですが あまりにも小さい
材料は機械の中でバタバタ暴れたりして 材料もムダになるばかりか
機械も壊れることも・・・
焦ってケガをしてしまっては大変なので まず長さ(木の繊維方向)を
接着します 強度は機械加工には充分です
この仕込みはめんどうですが 貴重な材料を生かしたいとの思いからです
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ヒバの香でリラックス?~
2015/08/08(Sat)

毎日厚さとの戦いです
こまめに水分取りながら 1寸5分(4センチ5ミリ)厚の
ヒバ約40枚が届き 皮むき&桟積みました 汗だくです 
腐食に強いと言われる特徴があるヒバ 
屋外でもしっかり長持ちします 今後の予定では
もっと必要になるヒバ 丸太の入荷待ちです
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~今日 終わらせたい作業~
2015/05/26(Tue)

長さ3.5メートル 直径50センチカミ 1寸5分(4.5センチ)厚のクルミの板

本日も暑さが厳しい一日 
天候の影響が 間違いなく製材の後片付けを
ジャマしています
午後3時ころまでかかってしまいました
水分を含んでいる材料は特に重いです


DSC_0773_convert_20150526214642.jpg
桟積みの様子

割れ止め防止(木工ボンドを木口と板目付近に伸ばして塗る)をしてから
桟木を置いて積み重ねる作業 
昨日のか皮むき作業に続いて 今日もマイナーな作業です

数ヶ月このように干したら 積み直し(裏返し)します

使用できるまでには最低でも5~6年はかかります
私も今月50歳 還暦前にはこの材料のオーナーが
決まるかな?

人生 あっという間です 
んー 違うこと考えようーっと! 





この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~オニグルミ・到着~
2015/05/25(Mon)

届いた製材されたクルミ
DSC_0749_convert_20150525211842.jpg
青空に吊り上げられて
DSC_0753_convert_20150525211913.jpg
着地成功
DSC_0757_convert_20150525212016.jpg
皮むき作業の様子


天候にも恵まれ 先週製材したオニグルミを
届けていただきました
これからの皮むき 割れ止めの保護 桟積みなど
正直キッつい作業をこなさなければなりません
昆虫達も活発になっていて モタモタしていると
せっかくの材料を先喰いされてしまいます
まず阻止する手段は樹皮を取ってしまうこと
樹皮が付いているところは そのほとんどに
入居されてしまいます
殺虫剤を仕様したことはありません
何年後かに工房で加工する際 粉塵に混じって
真っ先に吸ってしまうからです
納品後にもお客様宅でよくないモノを放出し続けるかも
しれません そう考えると気持ち悪いですね

今日皮を剥いて 夕方になりました
明日は割れ止めのトリートメント と 
桟積み(隙間を開けて積み上げること)
をすれば片付きます

この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~オニグルミの中身は?~
2015/05/21(Thu)

この大きな原木

DSC_0742_convert_20150521155624.jpg
半分まで挽き終わったところ

今日は 木曜日ということもあって工房はお休みに

天気に恵まれ 製材所にて
木工人生最大の原木を製材しました
樹種はオニグルミ
私の希望に製材のプロの意見
原木の中身が現れます
最高の板を挽いていただきました
来週工房に届けていただけますから
板の全貌については次になります
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~本日 製材日~
2014/12/20(Sat)

今回は栗2本とヒメコマツ6本の製材です
009_convert_20141220201612.jpg
丸太の中身が見えてくる製材はとても面白いです
044_convert_20141220201754.jpg
板になって工房に届けてもらいました
これからが重労働が待っています
028_convert_20141220201908.jpg
樹皮を剥く作業 これが寒い時期なのに
暑いあつい!
皮を剥いておかないと 春になって虫の住み家になってしまう
良い木は虫も知っているのかも?
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~幼稚園の木の中身は~
2014/08/25(Mon)
009_convert_20140825202825.jpg
007_convert_20140825201559.jpg

今日は今までにの暑さから開放されたかのような
一日でした  夏伐採のケヤキの木の製材日です
今月に3本伐採しました  乾燥に不安はあるものの
数年後はできるだけ使おうと誓っています
3本とも4センチ5ミリ(1寸5分)に丸っ挽きしました
ケヤキでは幼木ながら総じてまずまずでしたので
思ったよりシラタの少ないのにホッとしました
これからどんな材料に変化するのか楽しみです

この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~3本のけやき~
2014/07/31(Thu)

通りからすぐ見える木 3本のけやきの木
8月になると伐採されるとのことで
相談があり見に行ってきました
しっかり根を張り 幼稚園のこどもたちを
見守っていた木です
夏の伐採なので十分に水を蓄えている時期
「施設内で遊具などにならないですか」 とのお話に
少しでも応えようと考えています
どれくらい使えるか不安もあります
けやきということで特に難しさもあります
何年かさきに こどもたちの遊び相手として
生まれ変わることに お手伝いです
この記事のURL | 製材 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |