~ 手つきトレーのポイント ~
2016/08/26(Fri)
スッキリしない天気が続き
残暑のこの頃が 梅雨のような感じさえします

台風10号 気になります
青空の高く澄んだ 秋の空が待ち遠しいです




刃物でざっくり削った表情が
木の子の意匠になっています

木工をはじめた当初から
変わらない大切なデザイン

50肩? で 何かとツラいこともありますが
変えられないものの一つです
スポンサーサイト
この記事のURL | トレー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
~ クルミのトレー ~
2016/07/06(Wed)
梅雨らしい日が続いていますね
やる気が出にくい季節です
と 言いながらも一生懸命つくっています

この間 布団収納用の大きな箱物やキャビネットの修理
アンティーク家具の修理  そしてこの時期待ったなしの草刈り
この仕事の合間に進めてきたトレー とこなしてきました


この板がクルミ  柾目に木取りしました
注文の4枚分 間に合うかな

moblog_c4f4f037.jpg
合わせ面はすべて鉋で調整し
はぎ合わせます

moblog_29cab8d6.jpg
いつもの手付きトレーは1本の彫刻刀ですが
今回はこの3本が活躍しました

moblog_f6dae099.jpg
とにかく細かな彫りに仕上げます
少しづつ削っていきます

moblog_d345ca27.jpg
裏の面取り
なるべくつかみ易いように 

moblog_7052fbda.jpg
刃物作業はすべて終了です

moblog_0ad48334.jpg
植物性オイルで仕上(右  塗装後)
このようにクルミらしく発色しました 

I様に見てもらうのが楽しみです
この記事のURL | トレー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
~ 槐のトレー ~
2016/04/23(Sat)

今日も暖かく 桜の花は山桜が見頃と春も
少しずつ移ってきましたね
今日 初の苦手なヘビを見ました
これからビビった日々を過ごさなくてはなりません

エンジュのトレーを依頼分3枚つくります
手前が表面彫り終了 前につくったトレー(奥)をお手本にしながら

moblog_04b25758.jpg
裏面を大きく面取り 電動のプレーナーで粗削り

moblog_2b7b39cc.jpg
なかなか太いエンジュの木は無いので 板接ぎですが
十分使用には耐えるように工夫をしています
仕上げは植物性オイルです


この記事のURL | トレー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~ トレー製作 ~
2016/04/13(Wed)

工房スタート(2000年)から続けて制作している持ち手の付いたトレー
板はクリの木 持ち手はクルミの木で作っています
moblog_306723dd.jpg

今日に至るまで数か所改良してきました
塗装はオイルステインから植物性オイル(リボス社)へ
彫る深さは当初のフラットからは比べれば思いっきり彫っています
だから軽くなりました
断然手間が増えてしまいました
でも価格はそのままです
なんとかこのままでやっていきたい
もっと完成度を上げつつ作り方で工夫したいと考えています
この記事のURL | トレー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
~刃物の痕に心を込めて~
2014/01/19(Sun)

手付きのトレーが人気なのは
表面に思いっきり彫り目をつけているから
そこで 実際に手に持ってみた方からは
「軽~い」と好評です

丸鑿でひと彫りゝ 時間を忘れてしまうほど
刃物の痕を大切に 
この記事のURL | トレー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |